居抜き物件で飲食店オープンをする場合のデメリット|東京の店舗デザインならお任せ下さい。

株式会社オックスグローバー
自社設計だから成し得るローコストを実現。店舗デザイン

FAQ

居抜き物件で飲食店オープンをする場合のデメリットはありますか?
長年、飲食関係の店に勤め、いつか自分の店を持ちたいと思っていました。競争の激しい東京で成功させるのは簡単ではないと思いますが、自分の夢なので挑戦したいと思っています。オープンの費用をできるだけ抑えたいので居抜き物件がいいかなと思い、不動産会社へ物件の紹介を頼んでいます。
肉がメインの店なので焼き肉店跡などは色々再利用出来ていいかなと思いますが、内装もそのままでよいと思いますか?
居抜き物件のデメリットがあれば参考までに教えてください。

answer

以前のテナントの情報を把握しておきましょう
居抜き物件は通常、開業時に必要な什器や設備を整えなければいけない業種において大きなコストメリットに繋がります。ご自身のイメージされる店舗デザインと合う物件が見つかれば内装もそのまま使えるメリットも。デメリットとしては厨房やトイレの改装が難しい場合や、以前のテナントが残した設備が古く、実際には機能しないことがある場合です。
賃貸設備の所有権はオーナーにあるため、借り主の判断で撤去したり売却も出来ず、故障した場合の負担について契約時にきちんと決めておかなくては揉め事になります。また、以前のテナントが撤退した理由も把握しておくことが大切です。そのテナントに悪いイメージがあると、同業種としてお店をオープンされる場合に逆効果となることがあります。
居抜き物件はメリットもデメリットもあるため十分検討して選ぶ必要があるでしょう。

PageTop

株式会社オックスグローバー